世界有数の親日国家|会社設立に掛かる費用について知る|自分のお店や会社を持つ
女の人

会社設立に掛かる費用について知る|自分のお店や会社を持つ

世界有数の親日国家

会社

インドネシアは巨大市場として経済成長を続けている国で、世界第4位の人口を擁しています。また、インドネシアは経済成長を続けているだけでなく、石油や天然ガス等の鉱物、森林等の農産物といった天然資源に恵まれた国でもあるのです。バリ島といたリゾート地もあるため、観光事業も潤っています。近年、日本国内からインドネシアで会社設立を行なう人が多く見られるようになりました。ここでは、インドネシアに会社を設立した際に得られるメリットについて知っていきましょう。


インドネシアに会社設立する際におけるメリットの一つ目として、若々しい労働力の豊富さが挙げられます。日本における平均年齢は現在45歳と言われており、高齢化が進むにつれその数値は高くなっていくと想定されるでしょう。それに対してインドネシアは平均年齢29歳と若く、人口もASEAN10ヶ国域内の約四割を占める2億4千万人前後と言われているのです。若々しい労働力が豊富であるといったメリットに加え、若い人が多いというのは消費の活発化にも繋がります。消費の活発化というのは経済における内需拡大を期待することができ、マーケットとしてのポテンシャルの高さを示しているのです。インドネシアに会社設立するメリットは、その国に住む人柄にもあります。インドネシアの人々は温厚・素直・勤勉と言われており、世界で有数の親日国家でもあります。そういった国柄というのは、お互いの信頼性・有効関係を築く際に最適なのです。このように、インドネシアでの会社設立は経済的需要があるだけでなく、参入し易いといったメリットがあります。