男の人

会社設立に掛かる費用について知る|自分のお店や会社を持つ

成功するためのポイント

店舗

飲食店における店舗開業時には、経営を安定させるまでに時間が掛かってしまうものです。その店舗を成功に導くためには、人件費の削減・小規模店舗から始め利用者獲得・適切な資金運用が重要になります。

More...

患者を増やす取り組み

歯科

歯科医院を開院する時には、どれだけの患者を獲得できるかが重要なポイントになります。歯科コンサル会社に依頼して内覧会を行なうことで、より多くの患者を獲得することができるでしょう。

More...

手順と必要費用

社内

日本住む多くの人の中には、独立して自身の会社を設立したいと考えている人が少なからずいるでしょう。会社設立を行なう際には、費用が必要になるものです。その費用を把握することは、会社設立時には大切なポイントとなります。ここでは、会社設立の手順と必要費用について知っていきましょう。会社を設立する際には、まず「定款」の作成を行ないます。定款というのは、会社運営における憲法のようなもので、必ず作成しなければなりません。定款の作成方法は、自身で行なう方法と司法書士や行政書士に依頼して作成してもらうといった方法の二つ存在します。自身で行なった場合、定款作成における費用は発生しませんが、時間と手間が掛かります。それに対して、司法書士や行政書士に依頼すると時間も手間も掛かりません。しかし、報酬金が発生してしまうでしょう。報酬金は依頼先の事務所によって異なりますので、確認が必要です。
会社設立において定款を作成した後には、その定款を公証役場に持参して認証してもらわなければなりません。その手続きを行なう時には、公証人認証手数料5万円・定款に貼付けする収入印用紙代4万円・定款謄本代約2千円・合計9万2千円必要になります。また、認証手続き後には法務局にて会社設立登記を行なう必要があり、その時にも登録免許税として15万円支払う必要があるのです。もし、定款の作成を紙ではなく電子定款としたのであれば、収入印紙代4万円は不要となります。ただし、電子定款を作成するための機器やソフトが無ければ、紙定款に掛ける費用よりも高額な費用が掛かってしまうので注意が必要です。

世界有数の親日国家

会社

近年、インドネシアでの会社設立が注目を集めるようになりました。インドネシアは若い人が多いため需要と供給の流れが活発であり、巨大市場として経済成長を続けている国なのです。

More...